REPORT

レポート

KWC2016 REPORT

KWC2016
REPORT

前回より更にパワーアップしたKWC2016。
パフォーマンス力、歌唱力、表現力、全てにおいて完璧を目指し開催されました。

前回より更にパワーアップした
KWC2016。
パフォーマンス力、歌唱力、表現力、
全てにおいて完璧を目指し
開催されました。


世界大会

各国代表の圧倒的でパワフルな歌声がしのぎを削る中、
日本語の曲にこだわった海藏さんの繊細で伸びやかな歌声が、
言葉の壁を越えて会場全体を酔いしれさせ、会場にいる誰もが納得の優勝を獲得しました。
辻本さんは惜しくも予選で敗退となりましたが、
日本らしく着物で演歌を歌い抜き、堂々たるパフォーマンスで会場を魅了しました。

世界大会優勝者

海藏 亮太さん

予選1:「上を向いて歩こう」
トータス松本

予選2:「愛のカタチ」
中村つよし

セミファイナル:「366日」
清水翔太 feat.仲宗根泉(HY)

ファイナル:「海の声」
浦島太郎(桐谷健太)


まさか、優勝するとは信じられませんでしたが、各国のみなさんから「Congratulations!」と祝福されてはじめて実感しました。
KWC世界大会では、予選の1曲目と2曲目はたいへん緊張してしまいましたが、日本語で意味がよくわからないながら、気持ちとパフォーマンスだけでも歌の素晴らしさが伝わることがわかり、セミファイナルとファイナルでは楽しく歌うことができました。
このような機会を与えていただき心より感謝しています。