REPORT

日本人が2年連続
カラオケ世界チャンピオン
となる快挙を達成
デュエット部門日本代表の
海蔵 亮太さん、齊藤 伶奈さんが
カラオケ世界1位に
―決勝戦ではC&K「Y」を歌い上げ観客を魅了―
世界大会
株式会社第一興商が日本代表として選出した
海蔵 亮太(かいぞう りょうた)さん(27歳/愛知県)と齊藤 伶奈(さいとう れな)さん(26歳/千葉県)が、
フィンランド・ヘルシンキで2017年11月14日から11月18日(現地時間)まで
開催されたカラオケの世界大会
「KARAOKE WORLD CHAMPIONSHIPS(以下、KWC)2017」において、
デュエット部門で見事世界No.1に輝きました。

2人は、1回戦で椎名林檎&トータス松本の「目抜き通り」を、
2回戦ではクリス・ハートの「I LOVE YOU」を歌い上げ、決勝戦に進出。
決勝戦ではC&Kの切ないバラード曲「Y」を熱唱し、会場は感動の渦に包まれました。
ソロ部門の角谷広太(すみや こうた)さん・坂本理沙(さかもと りさ)さんは、
惜しくも準決勝で敗退しましたが、堂々たるパフォーマンスで会場を魅了しました。